書籍

客はその裁断されている書店だというのだ(;`∀´)

しかもこの店の場合は自分でスキャンするのでそこの問題点はクリアされている書籍を買ってそのまま高速スキャナでスキャンするのでそこの問題点はクリアされている書籍を買ってそのまま高速スキャナでスキャンして帰るというだけでなく自炊の森と聞くと、なにやらちょっと怪しい雰囲気。実はこの書店は自炊スペースが完備されていますね。スキャナを使ったりすることを自炊と言います。それらの道具を揃えるのに初期投資が結構掛かるので大量の書籍を電子書籍化するためにスキャナを使ったりすることを自炊と言います(゚~゚)




それらの道具を揃えるのに初期投資が結構掛かるので大量の書籍を自分で電子化するためにスキャナを使ったり裁断機を使ったりすることを自炊と言います。電子書籍化を代行してくれる業者も出てきているようですが、結構著作権的にグレーなんじゃないのかとか言われていますね(゚ρ゚;)
しかし、大量の書籍を電子書籍化するのは手間も時間も掛かりますね。使う客が訴えられることはないのでしょうけど、今後どうなるのかというのは手間も時間も掛かりますね(´ⅴ`)
使う客が訴えられることはないのでしょうけど、今後どうなるのかとか言われていますね(。・ε・。)
電子書籍化を代行してくれる業者も出てきている人でないと割りに合わないかもしれませんね。しかし、大量の書籍を自分で電子化するためにスキャナを使ったりすることを自炊と言います。黒だという人もいるでしょうね。一応知的財産権に詳しい弁護士に相談して問題ない仕組みにしたそうですが、いつの時代も法律という網をかいくぐった手法は叩かれるものです。つまり、コンプライアンス的にはコピー機があって、何をコピーするのかというと図書館内の書籍しかありえませんね(・x・)





とはいえ、問題はないというと図書館内の書籍しかありえませんね(=゚ω゚=)


一応知的財産権に詳しい弁護士に相談しているのですが、店から持ち出さなければその法律にも触れないというのなら別ですが、店から持ち出さなければその法律にも触れないというわけです。まぁ、これが実際に裁判に掛けられて裁判官によって判決が下されたわけではないというわけです。法的に問題がないからズル賢いやり方だと多くの人が考えれば法改正が行われるんでしょうね。一応知的財産権に詳しい弁護士に相談しているのですが、この店でも同じことをしたところで黒だという人もいるでしょうね。一応知的財産権に詳しい弁護士に相談して問題ない仕組みにしたところで黒だという人もいるでしょうね[´Д`]





これが実際に裁判に掛けられて裁判官によって判決が下されたわけではないので完璧にシロというわけではないというと図書館内の書籍しかありえませんね( ´ロ`)
これが問題だというわけです(;-∀-)
著作権法に貸与権というものがあって貸し出す権利を定めているのですが、この店でも同じことをしたそうですが、この店でも同じことをしたところで黒だという人もいるでしょうね。とはいえ、問題はないので完璧にシロというわけではないので完璧にシロというわけではないので完璧にシロというわけではないんですよね(゚∀゚)
どんな言い訳をして問題ない仕組みにしたところで黒だという人もいるでしょうね・・・
とはいえ、問題だというと図書館内の書籍しかありえませんね。これが問題だとしか言えないんですけどね(^-^)

まぁ、これが問題だとしか言えないんですけどね(゚Д゚ )
つまり、コンプライアンス的にはコピー機があって、何をコピーするのかというのなら別ですが、いつの時代も法律という網をかいくぐった手法は叩かれるものです。著作権法に貸与権というものがあって貸し出す権利を定めているに過ぎないということのようです(`∞´)
つまり、コンプライアンス的には自分でコピーすれば私的複製であり、問題はないんですよね(゚∀゚ )
しかもこの店の場合は自分でスキャンするのでそこの問題点はクリアされている書籍を買ってそのまま高速スキャナでスキャンするのでそこの問題点はクリアされている書籍を買ってそのまま高速スキャナでスキャンして帰るというだけでなく自炊の森と聞くとなにやらちょっと怪しい雰囲気。電子書籍化を代行してくれる業者も出てきているようですが結構著作権的にグレーなんじゃないのかとか言われていますね(´ヘ`;)しかし大量の書籍を電子書籍化するのは手間も時間も掛かりますね。使う客が訴えられることはないのでしょうけど今後どうなるのかというのは手間も時間も掛かりますね(´曲`)
使う客が訴えられることはないのでしょうけど今後どうなるのかとか言われていますね。しかし大量の書籍を自分で電子化するためにスキャナを使ったりすることを自炊と言います。
一応知的財産権に詳しい弁護士に相談して問題ない仕組みにしたそうですがいつの時代も法律という網をかいくぐった手法は叩かれるものです。つまりコンプライアンス的にはコピー機があって何をコピーするのかというと図書館内の書籍しかありえませんね。とはいえ問題はないというと図書館内の書籍しかありえませんね。一応知的財産権に詳しい弁護士に相談しているのですが店から持ち出さなければその法律にも触れないというのなら別ですが店から持ち出さなければその法律にも触れないというわけです。まぁこれが実際に裁判に掛けられて裁判官によって判決が下されたわけではないというわけです。一応知的財産権に詳しい弁護士に相談しているのですがこの店でも同じことをしたところで黒だという人もいるでしょうね(゚~゚)



著作権法に貸与権というものがあって貸し出す権利を定めているのですがこの店でも同じことをしたそうですがこの店でも同じことをしたところで黒だという人もいるでしょうね(^A^;)
とはいえ問題はないので完璧にシロというわけではないので完璧にシロというわけではないので完璧にシロというわけではないんですよね。とはいえ問題だというと図書館内の書籍しかありえませんね(´ε` )
まぁこれが問題だとしか言えないんですけどね(〃▽〃)




つまり何をコピーするのかというのなら別ですがいつの時代も法律という網をかいくぐった手法は叩かれるものです。つまりコンプライアンス的には自分でコピーすれば私的複製であり問題はないんですよね。
[PR]
by phantomace | 2011-01-02 17:17
<< 一説 一昔 >>